旭川・道北エリア初のJUIDA認定スクール


カリキュラム

CURRICULUM



スクール使用機材
左記ドローンにて飛行実習を行います。
DJI Phantom 4 は全国のドローンスクールで最も使用されている機種です。
当校ではPhantom 4の最新機種のV2.0を使用します。
また、インストラクターが優先的に操縦操作ができるコーチモード()にて飛行実習を行いますので、 万が一受講生が誤操作してもインストラクターが介入しますので安心です。

※無人航空機の飛行に係る許可・承認書:東空運第15237号


コーチモードとは

自動車教習所の助手席側にもブレーキがついているのと同じ要領です。
インストラクターの送信機から優先的に操作できます。
受講生が誤操作した場合に介入し修正できるので、受講生は安心して飛ばせます。
他にもスクールでは下記の機種を体験することができます。
・DJI Air 2S・DJI Mini 2・DJI Mavic 2 Zoom・DJI Mavic 2 Enterprise Dual・Ryze Tech Tello
JUIDA無人航空機操縦技能講習
   +安全運行管理者講習(スタンダードコース)

250,000円(税込)
3日間コースになります。座学は8時間で無人航空機の歴史、各種法令、自然科学、点検・整備など幅広く講義を行います。
飛行実習は12時間となります。目視外と夜間飛行の訓練も行い、実践的な実習を行います。
同時に無人航空機安全運行管理者の講習も行います。
飛行実習はコーチモードで実施します。
JUIDA無人航空機操縦技能講習(VIPコース)
290,000円(税込)
スタンダードコースと講習の内容はほぼ同一となりますが、講習はインストラクターと1対1で行います。ご自分のペースで受講することができ、コロナ禍でも最少人数での受講となるため安心してご参加いただけます。無人航空機安全運行管理者講習もセットとなります。
ご希望の日程で開催いたします。
ドローン操縦講習
66,000円(税込)
改正航空法などの法令関係などの座学を2時間実施した後に、国土交通省航空局「無人航空機 飛行マニュアル」内の訓練事項である「基本的な操縦技量の習得」に沿った飛行訓練を10時間実施します。JUIDAの無人航空機操縦技能資格は取得できませんが、花咲ドローンスクールの修了証を発行します。
損害賠償保険に、加入している機体の持込みも可能です。 機体を持込んだ場合は、コーチモードでの講習は出来ません。
ドローン説明会
無料
ドローンに関する知識や法令などの説明後に、簡単な操縦体験の時間もあります。
こんな方はぜひご参加ください。
  • お仕事でドローンを使おうと検討中の方
  • 卒業前にドローンの資格を検討中の方
  • 趣味でドローン空撮をはじめようか検討中の方
  • 参加費は無料です。保護者同伴であれば小さなお子様の参加も歓迎です。
    所要時間は1時間30分です。
    ドローン空撮許可・申請講習(基礎コース)
    5,500円(税込)
    ドローン(重量200g以上)を飛ばすためには改正航空法の制限をうけます。操縦技能と法令などの知識があれば改正航空法の制限を最小限にすることも可能です。ドローン情報基盤システム(DIPS)から国交省へ飛行許可申請を行いますが、DIPSの使い方、また実際に飛行する場合は飛行情報共有機能(FISS)の登録も必須をなりますので、それぞれの登録方法の講習を行います。
    所要時間は1時間となります。
    ※実際の登録はご本人でお願いします。
    ドローン空撮許可・申請講習(実践コース)
    13,200円(税込)
    改正航空法以外にも土地の所有者(国有林・道有林など)への許可申請・届出が必要な場合があります。「基礎コース」にプラスしより実践的な許可申請や届出の講習を行います。無人航空機飛行計画書や林野庁などへの入林届の書き方などの講習を行います。DIPSでの国交省への申請は、必ずご本人が行うようにお願いします。
    所要時間は2時間となります。
    ※事前に飛行したい場所を選定して受講をお願いします。